酵素サプリ・酵素ドリンクとはダイエット効果なし!

酵素サプリメント又は酵素ドリンクで言うと痩せられない理由
初めてお目にかかります。スポーツ栄養士の盛岡とのことです。

ダイエットサプリに当たって、究極に広く流通されているではありますが1つに酵素サプリ・酵素ドリンクがあります。新聞に来る際はよく酵素サプリのとき込チラシのにもかかわらず入っていますし、楽天におきましても酵素の含まれているサプリメントないしはスムージーに関しては年中無休でランキングをした後でようにす。

それらしいメカニズムもしくは芸能人けどおすすめしているとかすると「これなら痩せられそう!」と思ってしまうかもしれません。

私の担当しているスポーツジムのお客様そう言うけど、女性を中心に飲んでいるほうがよくいるのです為に、食事指導の時に私が真面にお伝えするという点は「酵素サプリで痩せられると言うなら真っ赤な嘘」です。

今回は酵素サプリを飲んでも痩せない理由ないしは、さらに酵素サプリ摂取による危険性という意味ご説明いたします。

※酵素のダイエット効果に関連して、わかさ生活さんに及ぶまで聞いてみましたお蔭で追記します。その内容も併せて参考にして下さい。

以前から酵素は
酵素という意味は食物の消化の他にも物質の合成なんぞ、生体内のいたるところで起こっている化学反応の触媒(仲立ち)をしている物質で、タンパク質の1種と言います。

化学反応が起きるという意味は多くの場合、大き目のエネルギーけども必要になります。これらのエネルギーの事を「活性化エネルギー」とのことです為に、酵素と言われますのは今の必要になる活性化エネルギーを低くして、生体内の化学反応けれどもスムーズに行われるようにする役割を果たして設置されている。

例えば食事で食べたのだけれど含まれるたんぱく質となっているのは、胃結果分泌される「ペプシン」とでもいうべき消化酵素を考えて分解されます。

例えば体として貯蓄されているブドウ糖(グルコース)以降は、「ヘキソキナーゼ」と言われている酵素おのおので「グルコース-6-リン酸」らしい物質ともなると代謝され、その後も様々な酵素経由で代謝されて巡って、最終的にエネルギー物質においては変換されます。

ガスバーナーで加熱したフラスコとは違い、私達の体温(37℃)のせいでもこうした化学反応はずなのに円滑に進むというのは酵素があるおかげであり、したがって酵素自体は私達の体のことを考えればなくてはならない物質考えられます。

酵素サプリで痩せる(とされている)理由

スムージーで痩せる理由は?

いわゆる「酵素ダイエット」まずは、酵素で痩せるメカニズムに対し次のにも説明して見られます。

人間っていうのは一生で使うことのできる「潜在酵素」があり、該当の量とされるのは限られている
体内酵素とされているのは20代をピークに於いては日々減少して出向いて、40代に入るのであると一気に激減する
体内酵素のだけど減るということは代謝のだが悪くなり、肥満であったり肌荒れ・免疫力の低下と言えるものを引き起こす
そうした場合に体外以来酵素を摂取して代謝を上げる必要がある
酵素以降は熱としては弱いなる特徴があることもあって、生の野菜だったり果物、酵素サプリで補うといったよい
特別に酵素サプリよりも百種類を超えた食物酵素けれど手軽に補える
表現についてはメーカー個々で少し異なる場合がありますはいいけれど、大半次にあげるような理由になっています。

その件に酵素ドリンク後はしばしば、断食を組み合わせた「ファスティングダイエット」ようなダイエット方法んだけど推奨されて在り得ます。この方法ならば一定の期間酵素サプリ・ドリンクの他には摂取せず体内環境をお休みさせてるよう気を付ければ、食べ物の消化で使ってしまう潜在酵素の温存、毒素を出すことができるとして推奨されてあるのです。

この様に書かれているものを見ると、ウソ偽りなく酵素サプリで痩せられるかのごとく思えてしまいますが、これらの理論ことを考えれば様々な欠陥があります。

酵素サプリとされるのはダイエット効果なしの理由

酵素サプリと言うのならば痩せない理由

酵素サプリで痩せられない理由には、次の4つが挙げられます

①酵素と言われますのは体内で作れる
元は酵素ダイエットの起源に関しましては、アメリカのエドワード・ハウエルにされるほうが提唱した「酵素栄養学」になるのですが、一生ともなると作れる酵素の量とされるのは決まっているわけではなく、「潜在酵素」かのような物質ながらも発見されたこともありません。

酵素に対しては確かに生きるんですが必要不可欠なものだとしても、あんな大切な酵素そういうわけで必要なときに必要なレベルだけ体内で合成するということができます。

②酵素を摂取しても分解される
先ほどもご説明しましたのと同様に酵素というのはたんぱく質となっています。

たんぱく質というわけでは、食べ物によって摂取しても、胃に加えて小腸としての消化でアミノ酸とかペプチドともなると分解されて活性を失ってしまいます。口もんね摂取した酵素やつに分解されずにおいては、活性を失わずともなると本来の姿生体に作用する可能性は非常に低いといえるでしょう。

③酵素という点は特定の環境でしか作用しない
もう1回酵素のことを考えれば特定の環境でしか活性化しない「至適pH」だけじゃなく「至適温度」にもかかわらず存在し、特定の物質の反応さえも触媒する「基質特異性」らしい特性もあります。

あり得ないことかもしれませんが酵素を分解されずに於いては自然のまま体内に取り込めたとしても、合致する体内の想定できるだけの酵素を食物酵素で代用することはできないのです。

例えばたんぱく質の消化酵素であるペプシンとしては、強酸性である胃酸の中ではじめて活性化します。な感じなので食物酵素んですが胃液の代わりになったり腸液の代わりになったりすることはありません。

④生食と呼ばれますのはむしろ消化に悪い
生の肉に間違いないと焼いた肉ということでどちらが消化にはよいでしょうのでしょうか?焼いた肉の方がいいに決まっているわけですのじゃありませんか。生肉ばっか食べていたのならお腹を壊してしまいます。

これは野菜だとしてもそうです。生の状態と見比べても加熱調理をした方が消化のではありますが良くなり、胃なうえ腸においては負担をかけません。ヒトの祖先はずなのに長生きできるようになったほうも、火を使って加熱して様々な食べ物を効率よく消化できるにもなったからでしょう。

酵素ダイエットに向けて「加熱したの数量ものところ食べると体の消化管という意味は消化酵素を出して疲れるところから、酵素を含む生野菜のジュースに加えて酵素ドリンク・スムージーで体を休めよう」と言われていますが、これはとても逆というものです。脂っこい食事を控えるじゃあ胃腸以後というもの休まりいるんだけど。

ファスティングと呼ばれますのはリバウンドしやすい
リバウンドしてしまった女性

摂取した酵素という意味は作用しないとなると、酵素ドリンクとしてあるのは(ビタミンと考えられているもの等んだが添加されて集結しなければ)ただの不味いジュースと瓜二つです。

ファスティングダイエットに至るまで潜在酵素の温存の他にもデトックス(?)で痩せているわけではなく、ただ単に何も食べていないから痩せているのみで良いので、ダイエットのしかたとして全然おすすめできません。

代謝を落とさないにおいては運動もし続けながら適量の栄養摂取が必要ですながらも、食事をとらなかったら筋肉量の減少というのは避けられず、代謝でさえ悪くなってしまいます。一時的ににつきましては痩せられたとしても、食事を戻したと一緒にリバウンドするでしょう。

丸一日の断食なんてことはいかなく両者とも、朝食抜きないしは夕食抜きだったり食事回数を減らすというのは、次の食事で急激な血糖値をした後で昇だけではなくドカ食いにとってはつながり、太りやすい体質になってしまいおります。

ダイエット中であっても、食事となっているのは3食とることが大切です。

酵素サプリに対しては健康被害が多い
酵素サプリ以後については下痢が特徴的な副作用を引き起こす

酵素サプリもしくは市販のスムージーにすれば「百種類を超える食物酵素を配合!」のだと謳って、様々な野菜・ハーブの抽出エキスんだけど使われているが、様々な食品のに使われているばかりと健康被害だろうとも多いです。

国民生活センターとは言え2016年8月に公表した「PIO-NETにはみる危害・危険情報の概要」によると、健康食品関連で寄せられた健康被害の内、商品ジャンル別でということは「酵素食品」が一番多いとしています。

報告によると「生酵素の健康食品をお試しで購入したとは言え、体ともなると合わなかったと思いますか下痢をしてしまった。内科医に行くには飲む事をやめるのと変わらず言われた」などの連絡わけですが消費者からされているようです。

酵素サプリの原材料では普段の食事でとらないようなハーブさえも多く使われていることから、ハーブに含まれる何らかの成分んだが作用したのであろうか、アレルギーを起こしたのかもしれません。加熱処理していない「生酵素」であるということをアピールしている商品に関しては、なおさら危険性とは言え疑われいます。

使われているハーブにとってはいかような成分が含まれているor分かりませんことから、スポーツ選手の場合はドーピング検査とすれば引っかかる可能性も否定できません。酵素サプリなうえ「酵素エキス配合」かのような表記のされている加工食品としてあるのは避けるようにして下さい。

具体的に何の酵素というのにどうやって作用するの?
いかがでしたでしょうか。酵素に減量効果がない時や、健康に手をつけないで危険性もあることはお分かり頂けたと思います。

酵素のメカニズムは非常にとは言ってもらしく書かれてありますし、大手の通販メーカーとしても宣伝していたりするとついつい信用して買いたくなってしまうかもしれません。

しかし健康食品という風には法律的な分類と言いますのは「食品」であるため、効果がない成分する際にも「効果がある」とさえ謳わ無い上に法律に触れず普通な食品として販売できてしまうわけであります。

一体「酵素」については化学反応を触媒するたんぱく質の総称という事なので、特定の物質名ではありません。真に酵素サプリに効果があると願うなら、適合する酵素サプリに来る場合は具体的にどういったもの出来上がり具合の酵素のにも関わらず入っていて、何の消化・代謝を助けるのでしょうか?

メーカーのサイトを見てみて下さい。個人の感想のみを利用して、具体的なっていうのは何も書かれていない事が分かると思います。

昨年としてはわかさ生活さんの運営している情報サイト「わかさの秘密」の場合も、酵素につきダイエット効果があると記載がありましたみたいなので、下にあるくらいで質問してみました。

2016/3/31

ご担当者さん

お目にかかれて光栄です。
成分に関し疑問に思う部分のは結構だけどございましたので、ご質問させて頂きます。

「酵素(http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/enzyme/)」のページにおきまして、「酵素の中でも、そこまで代謝酵素を摂取するよう気をつければ、ダイエットを促進させる事ができます。」と比較しての記載がございますやつに、他のサイトを見ていらっしゃいますと、「酵素と申しますのはたんぱく質ですので、それぞれの消化器官が異なっても分解されてしまうことを目的に、代謝を活性化させる効果はない」というふうに書かれてお待ちしています。

どちらが正しいのか分かりじゃないですかいますことを目的に、その際にご質問だそうです。
1.代謝酵素を摂取することを通してダイエット効果が出たという数の科学的データはずなのにございましたら、ご紹介頂けますといった幸いです。
2.「基礎代謝を活発にする」代謝酵素と呼ばれるのは具体的にどういう物質がございますでしょうか。

お手数ですが何卒よろしくお願い致します。

これに対し、わかさ生活さんきてからというものを下回っている回答をいただきました。

2016/4/4

盛岡君

お問い合わせありがとうございます。
わかさ生活のS(※お名前と呼ばれるのはふせておきましょう)なんです。
ご返信が遅くなり申し訳ございません。

お問い合わせの内容の代謝酵素を摂取するのでダイエット効果があった根拠と言うと確認できませんでした。
こいつの内容ごとに、削除させていただきます。

今回はご指摘ありがとうございました。
今後も「わかさの秘密」とにかく、正しい情報を発信する成分サイトとして日々精進してくるそうです。

株式会社わかさ生活  わかさプロアドバイザー室

初めに根拠と言うとなかったとのことで、将来的に記載のあった箇所となっているのは削除されました。

しかし、現在サイトを確認してみると且つ「ダイエット効果」の記述のにも関わらず復活しています。バカにしてるのですかね…。

とはいえ科学的根拠がないというのって十分お分かり頂けたであろうと思います。体重の減量で一番大切なことは、サプリに頼ることではなく、食事の摂取カロリーを消費カロリーよりは少なくすることなのです。

ただもしもダイエットサプリを検討している人間とされている部分は「減量期のサプリメントの選び方」を参考にしてください。それに加えて食事の栄養不足を補いたいのと比べたら、野菜ジュース変わらずビタミン剤と考えられているもの等を選ぶようにしましょう。

まとめ
酵素というのは生体内の消化・代謝の化学反応と言うと触媒するたんぱく質の1種である。
酵素と申しますのは体内で合成できるため体外せいで摂取する必要はなく、摂取しても胃腸の消化酵素で分解されてしまう。
万が一摂取した酵素くせに消化されなかったとしても、酵素というものは特定の環境でしか活性化しないため、体内の考えられるだけの酵素を食物酵素で代用することはできない
ヒトと呼ばれますのは加熱した食べ物であるほど消化しやすいことから、生酵素サプリないしは生野菜ジュース以後についてはむしろ消化に悪い
ファスティングと言いますとリバウンドしやすいそうなので、食事については3食是非とも食べるほうがよい
酵素食品という点は健康食品の中で圧倒的に健康被害が多い
参考文献
林淳三:「改訂 基礎栄養学」.建帛社,2010.
木元幸一・後藤潔 編:「生化学」.建帛社,2009.
国民生活センター:「2015年度のPIO-NETになるとみる危害・危険情報の概要」 http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20160818_3.html